作者別: 森林を守る会

企業との森林保全コラボレーションもあります!

企業との協働イベントももちろん色々と行っています。
例えばJX日鉱日石エネルギーさんとの「ENEOSの
森づくり」です。
これは森全体に関する作業を行っていくイベントです。
実はこれはENEOSさんがCSR活動として行っているもので
さまざまな地域で森林保全専門に活躍するNPO等の団体を
先生とし、ENEOSグループ従業員やその家族のみなさんが
植樹・間伐・下草刈り等の森林保全を行ったり、
更には自然観察や鳥の巣箱かけ、森の恵みの収穫など、
自然に親しむ活動を行なうというものです。

ざっくり内容をご紹介しますと、
①まずはキノコ再生のために松林を整理する作業。
②それが終わったら腐葉土集積場の整備。
 (副産物としてカブトムシとの遭遇)
③シイタケ原木植菌やシイタケ仮伏せ場の整備。
④そして岡山クリ(国産甘栗を作ろう!と開発された栗)の植樹。

という感じです。
社員(とグループ従業員)のみなさんに向けた活動であることから
子供達もたくさん参加し、楽しんで下さっています。
彼らが森に魅力を感じて、大切に思う気持ちや体験したことを
将来に生かすことで、未来のフォレスター(国有林野事業職員のこと。
国有林の管理・経営のため森林事務所に常駐する仕事です)
育成に少しでも繋がれば・・・と感じています。

それからオムロンさんとの森林保全活動です。
オムロンさんは社会貢献活動の一つとして森林保全活動を
行っておられます。
そんなオムロンさんが行っている活動内容は、
①間伐と歩道整備
②森の健康診断(木の高さを測定等)
③また森の細かな整備(腐りかけていた木の階段の修繕等)
こちらも社員やその家族のみなさんの参加もありますので
子供達も大人顔負けに作業を行ってくれます。

そしてタカナシ乳業さんとの森林整備活動もあります。
こちらは森林の役割とその資源のありがたみや自然を守る
大切さを知るために、研修の一環としてなんと新入社員の皆さんが
折れた木の整備や散乱した小枝の整理など本当に地道は
森の整備をしてくださいます。

本当に皆さんの森林活動は有難いことです!!